どんな書類を用意したらいいのか

>

ケースによって揃える書類の違いがある

住民票と戸籍謄本

基本的には車の売却に住民票は不要です。
結婚などで住所が変わったり、引っ越しをした場合など、車検証の住所と現住所が違う場合には必要となります。
住民票は現住所近くの市区町村窓口で簡単に入手できます。
また車検証の住所から2回以上の引っ越しをしている場合または結婚、離婚で氏名が変わった場合は住民票ではなく戸籍謄本が必要になります。
住民票の住所は現住所の一つ前までしか記載がないため2回以上引っ越しした時は確認ができません。
戸籍謄本には、婚姻、離婚、氏名、生年月日など殆どの本人情報が含まれているため、「全部事項証明書」とも言われています。
入手手続きは大変ではないのですが、本籍地のある市区町村での手続きとなるため、本籍地が離れている場合郵送依頼もできますので早めの手続きをお勧めします。

個人間の取引

買い取り業者への売却ではなく友人など個人の間で取引をする場合にはまた別に必要な書類があります。
車庫証明書が必要となります。
殆どが普通乗用車、或いは軽自動車の売買に必要な書類と同一ですが、それ以外に委任状・譲渡証明書が必要となります。
ディーラーや買い取り業者での取引には不要であったこの車庫証明書は何故個人間の取引きでは必要になるのでしょうか。
車庫証明書は新しく買取をした個人が用意する書類になります。
個人間の取引の場合は名義変更など全ての書類を自分で用意しなければなりません。
ですので業者に任せている車庫証明書も準備する必要があるのです。
また譲渡証明書はその自動車がいつ誰に譲渡されたがわかる証明書です。
証明書は規定の用紙をPDFでダウンロードができます。
実員が必要なので印鑑証明書の用意もしておきましょう。
しかし軽自動車は必ずしもこの範疇ではありません。


この記事をシェアする