どんな書類を用意したらいいのか

>

車を売却する理由

普通乗用車売却に必須の書類

まず、自動車車検証。
車検証にはAタイプBタイプがあり、殆ど自分で買った車はAタイプですが、Bタイプの車検証は、ローンで購入したり、リースの場合になります。
完済していても所有権解除を行って名義変更をしなければ売ることはできません。
印鑑登録証明書。
名義変更に必要なので必須ですが、1通と2通必要な場合があります。
都道府県によって相違があるので確認しましょう。
印鑑証明書は取得から3か月以内が有効ですが期限ぎりぎりは買取店でNGの場合もあります。
しかし車検の期限が少ない状況では例外の事が多いです。
実印
普通乗用車は動産、つまり財産として扱われるので名義変更の際、実印が必要となります。
一般的に三文判は不可と言いますが役所では受ける場合もあるので実印にすることもできますが簡単に書類の偽造が出来てしまうリスクが多いので通常はしないでしょう。
自賠責保険証明書・自動車納税証明書に関しては必ず有効期限の確認を。

軽自動車に必要な書類とリサイクル券

軽自動車の売却と普通乗車の売却に必要な書類の違いは、むしろ普通乗用車の売却に必要であっても軽自動車には不要なものがあると理解した方が良いかもしれません。
軽自動車の売却時には実印が不要です。
ですので印鑑登録証明書も不要なります。
またリサクル券に関して、リサイクル券の知識があまりない場合が多いのですが、なくても大丈夫と言われることが多いです。
リサイクル券とは自動車が最終的に処分されるときにかかる費用です。
簡潔に表現するとリサイクルのための費用の先払いという事です。
先払いしているのですから売却の時に返金されるべきお金です。
一般的にリサイクル料金は1万円から1万5千円程度ですがこれが買取価格に含まれている場合とそうでない場合があるのでこの部分のチェックもしておくと損はしないという事です。


この記事をシェアする