どんな書類を用意したらいいのか

車の売買で必要な手続きや必要書類

車を売却する理由

普通乗用車の売却に必要な書類と軽自動車に必要な書類では若干の相違があります。 また自動車販売店に売却する場合と個人間の売却でも違いがあります。 更に結婚や様々な理由での転居があった場合は必須の書類があります。 転居の回数でも違ってきますので必要書類の詳細を調べてみました。

ケースによって揃える書類の違いがある

普通乗用車か軽自動車か、移転・婚姻などで住所変更があったか、または離婚で名義が変わったか、取引は業者か友人間かなど様々な条件や状況で揃える書類にも違いがあります。 売却の手続きをスムーズに期限内に行うために事前に用意しておくことが必要な書類もあります。

費用や時間も考慮しておく

必要書類は種類によっては入手に時間がかかるものもあります。 また用意するのに若干ではありますが、都度費用もかかります。 そこで必要書類を準備するのに要する時間や費用についても調べてみました。 また買い取り業者との売買においては便利なサービスもありますのでご紹介します。

普通乗用車と軽自動車では用意する書類が違ってきます

人間は勿論ですが車にも寿命があります。
一般的に車の買い替えのポイントとも言える走行距離は10万キロから15万キロと言われます。
エンジンや様々な部品の消耗の限界を走行距離で判断するのですね。
そこで耐久年数はどの位かという事になりますが、使用の仕方で大きく年数に差が出ます。
毎日仕事で車を使っている人と殆ど持っているだけであまり乗る機会がない人、或いはメンテナンスをきっちり行っていた人と、殆ど必要最低限のみ行っていると言う人が使っている車ではその寿命年数は当然違います。
きちんと部品交換やメンテナンスをしていれば20年以上も使えると言われますが、交換部品も年式が古ければいつまでも揃うものではありませんね。
そこで車を売却したり、買い替えたりします。

平均的に車の買い替えは7年ごとが最も多いそうで、20歳から70歳までの年齢で考えれば一生のうち7台買い替え、或いは売却があると言う計算になりますね。
中には車検の度に買い替える人もいます。
買い替え、売却の手続きには沢山の書類が必要になります。
車の種類や売る人の状況で必要書類の内容も違ってきます。
何回か売却の経験がある人でも意外に知らなかったこともあるかも知れません。
実際に揃えるべき書類はどの様な状況で違ってくるのでしょうか。
または車の種類によっても違うと聞きますが、どんな書類が必要、或いは不要になるのでしょうか。
また書類の入手にかかる費用についても詳細を色々調べてみました。

おすすめリンク

時期が大事?バイク買取

バイク買取は一年中してますが、少しでも高く買取してもらいたいなら時期が大事です。